東京リベンジャーズ 主題歌「Cry Baby」

先に言っておきます。「東京リベンジャーズ」は読んでませんし観てません。
アニメ版の主題歌「Cry Baby」の話だけです。ごめんなさい。

最近ハマり出したOfficial髭男dism。
このカタガタの楽曲のムズイ事ったら半端ないです。わざと難しくしてるって感じではないのがさらに凄いです。
自然に聴こえてくるのに歌おうとすると半端なく難しい。私は歌は聴くのも歌うのも大好きです。でも下手です。音大出身の友人や声楽家の知り合いに、心得みたいなもんは教わりました。お陰で音程のズレは解る様になり、低ーい地声は高い声で喋れる様になり、歳取っても声が低くならず音域は維持出来てます。
ムズいからこそ歌える様になりたい…。

やっと本題。スミマセン(^人^;)

「東京リベンジャーズ」ってマガジンに掲載されたマンガなのは知ってましたし、映画化もされてますけど、こーゆーヤンキー系は「愛と誠」が唯一読んだマンガで、大抵は興味がなく観てません。でもアニメ化されて主題歌が髭ダンの「Cry Baby」と言う曲が凄過ぎてどハマりしました。

何すか、この転調のアメアラレ…。こんなに転調してるのに何でこんなに自然なんですか。
歌詞もマンガの内容に嵌まっててバッチリです。
この曲をカヴァーしてるプロの方の中で、キーを下げていた方がいたのですが、キー下げると違う曲に聴こえるのは私だけですか?それとも音がちゃんと取れてないとか?めちゃ上手なプロが歌ってるからそれはないと思うんですけど。「ありの〜ままの〜♪」のMay Jさんもカラオケで歌われてましたけど、目標98点が96点の結果でガッカリされてました。いやそれでも96点って凄くないですか?あんなに上手い人でさえ音程外した箇所があるって、どんだけムズイのさってあらためて思ってしまいました。

以前、自分の作った曲を先述の音大出の友人に、アレンジ手伝った貰った事があるんですけど、クラシックから入ってる人って、変な音って気になるらしいんですよ。で、私の曲も1箇所直されました。私的には「う〜ん?」と思ったんですけど、音楽的センスがある訳じゃ無いんで従いました。
で、前にどなたが言ってたのか忘れましたけど、松任谷由実さんって、デビュー当時の音楽界では物凄く斬新な音楽を作ってたらしいんです。それまでのシンプルなコード進行に、sus4とかの複雑なコードを多用したとかって。ユーミンもピアノから来た人じゃないですか。ピアノから来た人って単純にコード進行でも、CとかAmとかって言う音じゃなくて、より細かい表現をしようとしてるみたいなんです。髭ダンの藤原聡さんもピアノはずっと弾いていたとのことで、今は作る側はもちろん聴く側もスキルアップされてるので、こんな難しい曲でも平気で作っちゃうし、鮮烈に受け入れられるんでしょうね。ちょっと前までは、斬新過ぎて聴き手が追いつかない時代もあったのに、今はそれがなさそうです。

音楽知識薄いのでトンチンカンな事言ってるとは思いますけど、時期が来てやっと開花した…って言う不遇なミュージシャンが、過去にいっぱいいて、その中に好きなミュージシャンもいたりしたので、時代は変わったなと。
この曲、そのまま原曲キーで歌えるので、頑張ってマスターしたいと思います。誰にも聴かせませんけど(笑)。

  ブログランキング・にほんブログ村へ