ヒロアカ チームアップミッション 第3巻

ヒロアカ33巻と一緒に販売されたチームアップミッション第3巻の感想です。
描き手のヒロアカ・ファン度が解る内容で、本編とは別物だけどあったら嬉しい内容です。
おまけですが、最強ジャンプ3月号を買うとチームアップミッションのポスターついてきます。他にもちまちました特典がいっぱいw。

私的に今回一番面白いと思ったのは、ミッナイ先生の授業の変装です。
デクをかっちゃんに変装させ、なり切れないデクの様子は想像を裏切らない安定した面白さです。
かっちゃんは誰にもならないと言うのも「らしい」です。気のせいか、第3巻に出てくる爆豪はずっと怒ってますw。爆豪は媚らないので無愛想ではあるけど、何時も怒ってないのに、怒ってるイメージがどんだけ強いの・・・って笑えました。
瀬呂くんの焦凍は想定外でなかなかで、焦凍の峰田は本編で峰田が焦凍を真似てたのを意識しての、逆バージョンだったのかなと思いました。

ちょっと残念なのは動物と触れ合う授業の話で、口田くんが出て来なかったのは「何で?」と思いました。
既に個性で会話できるから不要な授業ではありますが、むしろ得意分野として一番活躍出来る場面なのに出さないのは、普段目立たないキャラだけにちょっと可哀想。チームアップミッションだからこそ出して欲しかったなと思います。

あきやま陽光先生が、ヒロアカファンとして一番観てみたい、描いてみたい内容を描いたらこんなになったと言う感じで、ファンとしては痒い所に手が届く内容かなと思います。
それぞれの個性が原作より際立ってるので、別物感は否めないですが、それでも原作が重くなってきてる今は、高校生らしい彼らを観る事が出来て、ホッとしながらシンプルに楽しいと思えます。

  ブログランキング・にほんブログ村へ