ヒロアカ No.353 ENDEAVOR

すみません、他が忙しくて亀更新になってます💦

先週の焦凍の熱い戦いの結末と言う事でめっちゃ楽しみにしてました。

思ったよりアッサリ確保されてましたが、何か顔に光ってるのがあるのが気になります。
荼毘は何処まで手を加えられたのかが謎なので、生きている理由が何かが気になります。

各方面が焦凍の勝利に喜び活気付く中、瀬呂くんが何かを気にしています。
三奈ちゃんが気にしているのは、ミッドナイトの事を言ってる言葉でしょうか。
ダツゴクのKUNIEDAって何者?味方?寝返ったの?
所々引っ掛かってるのは私だけですかね?
最後に来て、いっばいトラップが仕掛けられた感じです😅

焦凍が前回素直に「有難う」を言い、今回は飯田くんに「ごめんな」って言ってます。
何時も「悪りぃ」だったけど、今回はちゃんと謝ってます。
熱に弱い飯田くんの個性を潰してしまった事を謝ってるんだと思いますが、飯田くんは無事で「謝る必要はない」と…。うーん、いいなぁ、男同士の友情。

AFOに煽られるエンデヴァーは、ここでしっかりとーちゃんになるんでしょうね。
前回の焦凍の言った「罰」はここで返上されねばなりません。
でも弔をも仕留められなかったエンデヴァーがどうやってAFOを仕留めるのか。
多分身体はそこまで強くなくなってるとは思うのですが、それでも溜め込んだ個性は強靭。
それにどう対応するのかが見所です。
焦凍も参加して、意外にも荼毘が抜けた燈矢がAFOを仕留めたりして…。あり得る。
自分の熱い炎に焼け、焦凍の冷たい炎に癒され、いろいろなものを思い出してる光であって欲しいです。
怨恨になったのも結局は父への愛情が強かったのが大元の理由。その父親に自分が手を下すのは良くても、人に下されるのは嫌だとか、そう言う気持ちが働きそうな気がします。

また新たな展開が開始ですね。

でもここでAFOは終わっちゃうのかな?
弔とデクが山場?
でもAFOは究極の「死にたくない人」なので、簡単に終わらないと思ってるんだけどな…。

  ブログランキング・にほんブログ村へ