コナン 2022年 劇場版「ハロウィンの花嫁」

先日、「名探偵コナン」の第25弾となる劇場版「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」2022年4月15日に上映されると発表されました。
そう言えば今年の春に「緋色の弾丸」を観たんだっけな…。

出だしを観る限りでは、高木刑事と佐藤刑事がいい感じになりそうな話で、そろそろ結婚しろよって感じですよね。でも本編の方でも出て来てない内容が、映画が先行してくるって事はないでしょうから、まぁないでしょう。

松田刑事のエピソード絡みなんですね。だからTVでも松田刑事と安室の番外編的内容が登場したのか…。
松田刑事のエピソードって前に出て来たヤツで解決したんじゃなかったけ?と思いましたけど、あれは別物だったんですね。すっかり忘れてました。高木&佐藤のエピソードのひとつとしてしか記憶してないし。

「緋色の弾丸」では赤井が初のキーパーソン、その前の「紺青の拳」は初のキーパーソン・京極と3回目のキッド「ゼロの執行人」は安室が初のキーパーソン、と誰がキーパーソンになるかで人気の度合いも変化してる気がします。
私的にはたまには哀ちゃんをキーパーソンにしようよって気もするんですけどね。でも本編にいっぱいあるから、ないか。

「緋色の弾丸」は面白いは面白かったんですけど、あんまり赤井さん出て来なかったのが不満足です。何時の間にか赤井一家って表現になってて、家族が皆出て来たのはいいんですけど、赤井さんの出番が少なくて…。
嫌いなキャラってのがコナンでは殆どいないので、誰がキーパーソンになっても面白いんですけど、「純黒の悪夢」ではそこまでキーパーソンではなかった安室・赤井の2人が結構カッコ良く随所に登場しています。「緋色の弾丸」はキーパーソンでありながら、見所は最頂点のシーンがほぼ全てとも思えてしまったので、今度はどうなるんだろうなぁと思ったりします。キーパーソンが多い場合はその中で誰をメインに置くかによって、それぞれの出方が変わって、重点を全員に置いてしまうと、その分話が散ってしまいます。今回は一応安室が中心になりそうですけど、佐藤刑事と高木刑事の絡みをどの程度まで盛り込んでくるのか、が気になる所です。一番話の中心になっているのは松田刑事ですが、そこにはバーボンとスコッチの2人のエピソードも絡んでくるので、この2組のエピソードを短時間の映画の中にどう盛り込んで来るのだろうかと。多少の穴埋めとしてTVで番外編を放映して、予備知識を入れておけばその部分を端折っても、流れに戸惑う事なく観る事が出来るとは思いますが、あくまでそれも観るのが前提だと、観そびれてしまった人とか、友達の付き合いで初めて観るよーな人は分かり難いかもなーと思ったりします。
映画はどんなに長い様でもせいぜい2時間半前後。高木刑事好きなのでどの程度まで登場するのか気になりますが、サラッとだけ…って言うのはナシにして欲しい私です。

  ブログランキング・にほんブログ村へ