鬼滅の刃 TV版無限列車編 第五話 魘夢

はい、無限列車がひたすら気持ち悪い状態と化してる回です。
あちこち少しずつコマが増えてる感じがしました。

魘夢と炭治郎・伊之助の戦いが本格化しました。
ぶっ飛びの速さの煉獄さんもカッコいいですね。善逸がカッコ良く登場してポカンとしてしまう禰?豆子が可愛いです。この先善逸の出番めっちゃ少ないハズ…。

この辺りから無限列車編の終わりに続く、炭治郎と伊之助の掛け合いは好きです。緊迫状態の中にあるのに何処までも伊之助を立てる炭治郎とか、眠りに翻弄されて現実の自分の首を斬ろうとする炭治郎を止める伊之助とか、伊之助がらしくもカッコいい場面が後半に向けて増えるのが良くて…。

映像も綺麗ですねー。映画と遜色ない気がします。
なんかお金かかってるなーと思います。鬼滅サマサマでしょうから、還元して人気を維持したい所かなw。

今回は大正コソコソ話がなくて、コントみたいになってましたねw。
何なんですか、あの禰?豆子は・・・(^◇^;)。鬼頭明里さんも頑張って野太い声出してましたけど、思わず斉木楠雄の燃堂力かと思いましたw。緊迫したシーンが続くから時ほぐしたいと言う心遣いなんでしょうか。面白いしダメじゃないけど、今やらなくても…って感じでした( ̄▽ ̄;)。

次回は猗窩座が登場しますが、多分前半は魘夢が消えるまでで、後半で猗窩座と煉獄さんの戦闘が開始されて、無限列車編の最終話になるのでしょう。あと気持ち遊郭編の伏線で。

あー煉獄さんをもっと観たかったなぁ…。

  ブログランキング・にほんブログ村へ