鬼滅の刃 遊郭編 第五話 ド派手に行くぜ!

2022年2月2日

2022年を無事迎えました。今年も宜しくお願い致します。
本年一発目はアニメ版「鬼滅の刃 遊郭編」の感想です。

鬼滅ラヂオで花江さんも言ってましたけど、帯が綺麗ですねぇ。
EDとかの帯は本物?って思える位リアルだし、アレをリアルかつ綺麗に動かすのって結構大変だと思うんです。昔茶道習ってた時期があったので着物は必須でしたけど、帯ってかなりしっかりしたシロモノなので、そよそよ流れる様なもんじゃないんですよね。使い込んでない新品の帯なんて本当に結び辛くて、むしろゴワゴワしていて扱い辛いったら…。自分で着るのは超下手くそだったので親に着せて貰いましたけど、着物の便利グッズ使わなかったので昔ながらの着方で帯結んでて結構な作業でしたよw。なのであの武器感のある帯はリアルに感じます。むしろスルッと落ちる帯は、子供が浴衣とかで使う幅広リボンの様な薄い帯に感じてしまいました。まぁあれも絞りとか入ってるとゴワゴワ感ありますけどね。
リアルさ追求してる訳じゃないからいいんですけど、武器感のある帯が本物っぼいって言うのも面白いなと思ったりして。

あと宇髄さんカッコ良いですねぇ。舞鶴を抱き締めて「もういい」って言うシーン。あのシーン、あんなにカッコ良かったっけかって思っちゃいました。そりゃ妻3人いてもいいわって思ったりしますw。
まきをと須磨のやりとりはしっかり再現してますねw。なんかあの喧嘩してるみたいなシーン好きです。仲良いなぁって思えて。そう言えば原作では思わなかったのですが、須磨の顔が伊之助と似てるって思いました。何でですかね?

善逸が雷の呼吸使ってるのを多分初めて観た伊之助が「ずっと寝てればいいんじゃね?」と呟くシーン。言葉が加わるとまた雰囲気が違いますね。今回の伊之助は猪の被り物せず心の声が多かったので、第五話で本領発揮して「あー伊之助だ」って思えました。どっちも好きですけどね。

宇髄さん、めっちゃカッコ良いけど、この遊郭編以降は戦線離脱してしまうので、煉獄さんの様に死なないだけマシですけど、最大の見せ場なのでしっかり観ておきたいです。

  ブログランキング・にほんブログ村へ