ヒロアカ No.328 ほんとつながるつながる…w

前回のNo.間違えてしまいました。今回No.328です。
今日はヒロアカ・ヴィジランテ・雄英白書と揃って新刊の発売です。
私は仕事でソッコー買いに行けないので、夜勤明けの旦那に頼みました。

今回は散乱した情報を整理した感じがあります。ネタバレ最小限でまとめてみました。

ステインが情報を見つけた経緯を早々に教えてくれました。あの監視員は肉倉精児のおとーさんですかね?
ステインカッコ良過ぎです。保須事件の時はもー異様さしか感じませんでしたけど、めっちゃ普通で野獣っぽさが抜けました。もー安定と不動の初志貫徹です。

ステインの情報を基に動き出した警察の動きも見えました。
余談ですけど、三毛猫警部と一緒にいるのは、塚内警部ですよね?ヒゲぼーぼーで目の周りに隈出来てかなりワイルドになってます。身なり整えてる余裕ないですよね、そりゃー。でも合ってる自信がないです。違う人?まぁいいや、本題。

ステインの情報はタルタロスでの出来事を伝えました。思った以上に事が早く始まりそうな事態に、世界中のトップヒーローに声がかかりました。
WHMでお馴染みになったキャラが登場したので、ちょっとびっくりやら嬉しいやら。サラーム!!また会えたね!って感じですw。サラーム良いです♪あのペラペラ感がたまらない( ´∀`)…。
映画では漠然と、何でアメリカにもホークスが派遣されてるのに、アメリカのヒーローは出て来ないんだろうと思ってましたけど、ここですか。めっちゃおっぱい大きいオールマイトの女版みたいなオネーサンが…。
どんな活躍を見せてくれるのか楽しみです。

今後の展開ですが、死柄木は完成されてしまうのか、不完全なまま戦いに突入するのか、その辺りが気になります。
完成されてしまうけど、致命的な何かが残るって言うのが私のヨミです。致命的なものはメンタル的な物かもって気がします。
死柄木とAFOはメンタルが全く違います。AFOのバックボーンはないので、恐らく良心のない生粋のサディストで、自分のシナリオ通りに世の中を動かして楽しんでいるだけの様な気がします。ですが、死柄木はもともとがヒーローに憧れていた時代もある普通の子供でした。普通の人には人を憎む行為の裏には愛があったりします。人を愛するからこそ「裏切られた」とか「冷たい仕打ちを受けた」とか思うものです。死柄木はその強靭な個性ゆえに安易に崩壊させると言う手段を覚えてしまったし、覚えさせられてしまったので、その心の奥に眠るモンちゃんを抱いて泣いていた転弧を、デクが呼び起こすんじゃないかと思います。
AFOは死柄木とデク達を敵に回してやられる…のパターンかなと。

そんなこんなで伏線回収整理回でした。
今後伏線回収は更にあるでしょうけれど、本当にもう終わりそう・・・。

  ブログランキング・にほんブログ村へ