ヒロアカ No.344 皆が主役♪

実に今更ですが、ブログのタイトルを原作のタイトルにしようと思ったんですけど、今回に限ってタイトルが「…」じゃないよね?と思った私です。なので従来通りで…。
今回は本当に誰一人欠けても成り立たない皆が主役の回でした。

心操くん、物間くん来ましたね。
物間くんの個性ならイレーザーの個性も使えますね。本当にチートな個性です。
心操くんのコスもカッコいいし、ちょっと明るくなってヒーローらしくなって来ました。
青山くんの決心にデクが涙ぐむシーンとか、喩えが如何にもな爆豪とか、不変に明るいA組の面々とか、皆を輝かせて見せてて、堀越先生、こっちがヤバいです?。

AFOを欺く為の作戦は何処から始まっていたのでしょうか。
まさかデクが雄英を出る時から始まっていた訳でもないと思うんですけどね。オールマイトがデクと離れて、ステインから説教された話や、爆豪が謝ったのも、え…って思ってしまうので、単純にその状況を利用しただけで、相澤先生の発案辺りからでしょうね。

決戦開始されましたが、これが終わるとヒロアカも終わるんでしょうか。
ここで終わるなら、それぞれ戦うべき相手と戦っての総力戦と言う事になるんでしょうね。
デクは死柄木を、焦凍はエンデヴァーと共に燈矢を、お茶子は梅雨ちゃんとトガちゃんを、爆豪はAFOと対峙する様な気がします。

で、思った事が一つ。
二代目の個性は、爆豪に向けらけて使われるんじゃないかと思ったりしました。
二代目の個性はいまだに解明されていまぜん。爆豪と似ている事から共通する何かがあるとは思うのですが、もし子孫だとしても個性は別物かなと。例えば個性を一時的に転写出来るとかで、自分の個性を一時的に人に転写出来ると言う物間くんの逆の個性。そう言う個性だと、初代が譲渡する個性を持っていたと気付けると思うし、その時点では大した個性ではないけれど、ストックされて力をつけた今なら、最大限に活かせた状態で爆豪に託す事も出来ると。
結構良くないですか?爆豪が短命になる懸念はありますけど、そこはうまく取り繕って貰って…。子孫って話になれば、実はOFAの個性を持ったまま子孫に受け継いでて、ストック出来る個性引き継いでたとか…。出来過ぎ感は否めないけど?。
さて、大外れな可能性の方が大きいですけど、どんなもんだか。
伏線回収しながらの戦闘でしょうから、これが最終でしょうね。
あぁ〜また考えると眠れない…。

  ブログランキング・にほんブログ村へ