逃げ若 第24話・25話 頼重と雫の力

「見えない期」の頼重が見えないのを利用して時行を振り回す回ですw。
頼重のキャラが満載な回ですね。雫も神秘的で魅力的です。

頼重の見えない期は続いていて、見える様になる為に「あれ食べたい」「これ食べたい」と時行を使い回します。でも結局雫が見抜いていて、時行に水を渡して解決してしまいます。
そのやりとりが何とも面白いですね。雫の落ち着いた態度と神々しさも対比になってますが、それでも締める時は締める頼重。雫同様神秘的なに不思議さ発揮して見せます。髪引っ張ると後光の光量を調整出来るって言うのが地味にツボですw。何処まで本気やら…w。

「人の力が増えた時、神力は消える」って台詞は重いですね。
目に見えるものだけが真実だと思いがちな現代ですけど、人智を超えた物の方が多いと思うので、どんなに見えなくても真実はいっぱいあると思うんですよ。人の心だって殆ど見えません。より理解しようと言う努力の下で相手を知り、理解し合い、「信頼」の名の下に、時に自分を任せる事も出来たりする訳です。
私は経験値から予測するのが結構得意で、あんまり外れないんですけど、それも私が「神力です」って言ったら神力になるんだろうなって思ったりします。まぁ何でも予測出来る訳ではないので、「このまま行くとこうなるよ」的な予測ですけどね。人は磨けばどう光るかわかりません。過去で神力と呼ばれた現象を、今は大勢が英知を結集して再現出来るのが今の時代。一人でやるより大勢でやる方が時短は出来ますけど、それでも一人一人の力あってこそだから、やっぱり一人の力は重要ですよね。
しっかり自分を磨かなくては…。まぁ何処をどう磨けばいいのか悩むのが今の時代かもしれないですけど。
結構いい歳してる私ですけど、自分磨きは常です。一生終わらないと思います。自分に満足なんてとてもとても出来ないです。仕事はむしろ年齢と共にヘタレがひどくなってますけど、この年齢になると人間性の方が重要だし、人間性は一生、何なら生まれ変わってもついて回るので、ピカピカになるよう磨いて行きます。

あー部屋も磨かないとな…。

  ブログランキング・にほんブログ村へ